えいごとそうむ

総務部所属なのに英語が話せる僕が仕事や英語やブログに関する事を紹介するブログ

【Googleアナリティクス】自分のアクセスを1分で除外して本当のPV数を確認してみよう

 

f:id:inuinu0723:20190204000742p:plain

 

 

ブログを開設して一番気になる事はなんでしょうか?

多くの方がPV数を日々気にしながらブログ運営をされているのではないでしょうか?

 

 

PV数の確認はグーグルアナリティクスを使えば簡単に確認できます。

但し、何も設定していないままだと自分のアクセス数もカウントしているんです。

 

 

さらにさらに、こんな事でもPV数はカウントされてしまいます。

 

  • 記事を書いた後の「プレビュー」での確認
  • デザイン変更後のサイト確認

 

 

↑の作業1つやるだけで1PVカウントされてしまいます。

ブログ初心者あるあるですが、グーグルアナリティクスでPV数を確認すると異様にアクセス数が高い日があったりしますがそれ、99%あなたのアクセスです。

 

 

この記事ではグーグルアナリティクスの機能を使って「自分のアクセスを完全に除外する方法」を紹介します。

 

 

この記事を読みながらでも1分程度で設定できるので是非トライしてみてくださいね。

 

 

グーグルアナリティクスで自分のアクセスを除外する

 

 

1. 自分のグローバルIPアドレスを確認する

 

 

グローバルIPアドレスとは「ネット上の自分の住所」の事です。

グローバルIPアドレスは以下のサイトで確認できます。

 

www.iphiroba.jp

 

 

サイトを開いて「環境変数を表示」をクリックします。

 

f:id:inuinu0723:20190203231852p:plain

 

 

 

検索結果として様々な項目が表示されますがその中の「リモートアドレス」をコピーして下さい。あとから使います!

 

 

 

f:id:inuinu0723:20190203232338p:plain

 

 

グーグルアナリティクスで除外の設定を行う

 

 

グーグルアナリティクスを開いて、左にメニューバーがありますよね。そこに歯車のマークがあるのでクリックします。

 

続いて「すべてのフィルタ」→「追加」をクリックします。

 

f:id:inuinu0723:20190203234057p:plain



すると「ビューにフィルタを追加」という画面になるので下の通りに設定します。

 

f:id:inuinu0723:20190203234657p:plain

 

①:除外するIPアドレスにわかりやすい名前をつけます。(例:自宅のパソコン)

②:「定義済み」を選択

③:3つ項目がありますが左から「除外」「IPアドレスからのトラフィック」

「等しい」を選択

④:先ほどコピーしたIPアドレスを貼り付けてください

⑤:使用可能なビューにある「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックした後「追加」をクリックしてください。選択したビューに移動が確認できたらOKです

⑥:「保存」をクリックして完了!

 

 

作業としてはそこまで大変ではないと思います。

これであなたが自分のブログサイトにアクセスしてもPV数がカウントされる事はなくなりました。

 

最後に本当に除外されたか確認してみましょう!

 

グーグルアナリティクスのリアルタイムで除外されたか確認する

 

はじめに自分のブログサイトにわざとアクセスしグーグルアナリティクスで正しく除外されているか見てみましょう。

 

グーグルアナリティクス左のメニューバーから「リアルタイム」→「概要」をクリック

現在のアクセスがゼロになっていれば先ほどの設定が正常に反映されています!

 

f:id:inuinu0723:20190204000044p:plain

これはこれでなんか悲しい。。

 

アクセス数が順調に増えていけば自分一人のPV数なんて気にしなくても良いのですが最初の頃はかなりの割合を占めてしまいますので今回の設定をしっかり行なって正確なPV数を確認してみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!